2017年05月07日

「プチモンスク」コース作り手伝い

今週末の土曜日5月13日は、
雨が降らなければヤップランドで朝練を行ないます。

朝練はオフロード走行における基本動作の練習会ですが、
別にそんな事はやりたくないのでスピートを付ける練習をしたい
と言う方もまったく問題ありません。

オフロード走行未経験の方でも問題有りません。
ご希望によっては貸出用トリッカー250を無料で御貸し致します。

当店お客様でないと参加出来ないなどと言う事も有りません。
誰でもOKです。

土曜日の朝8時にヤップランドに集合して、
お昼前終了を目安に¥500で参加出来ます。

とにかくオフロード好きの方々が、
「乗れる環境作りが大切!」と考えているイベントです。

もっと朝練を詳しく知りたいと言う方は、
ジャンプオフクロスのホームページを御覧ください。





029.JPG
4日5日とGWウィーク中に、
5月の14日に行なわれる「プチモンスク」のコース作り手伝いに行って来ました。
なかなか楽しいコースが着々と出来ております。
オープニング画像は、
自分の見事な災難シーンです・・・。(笑)

今年は去年より簡単な設定にしたと、
主催者の小松さんは言っておりましたが、
エンジョイクラスもここ走るの????
と言うセクションが多々存在し、
レース経験の浅いチームJOKの面々には、
見るもの全てが「無理 無理 無理・・・」の感じ。

後半、
でも・・・これもレースだから!
と言う観念が染み付いてくると、
「他の人が行けるんだったら行けるべぇ〜」と奮闘致しましたが、
玉砕されまくってました。(笑)

そんな中、
わずかな光を見出して来るのも勉強ですね。






030.JPG
2日間のコース作りの帰りに、
チーズナッツパーク近くの木々が
ひっそりと咲き誇っておりました。
春遅い福島県猪苗代も、
いよいよチーズナッツパーク本格始動のシーズンですね。

2016年09月25日

へっぽこXC初開催

今週末の土曜日10月1日は、
雨が降らなければヤップランドで朝練を行ないます。

朝練はオフロード走行における基本動作の練習会ですが、
別にそんな事はやりたくないのでスピートを付ける練習をしたい
と言う方もまったく問題ありません。

オフロード走行未経験の方でも問題有りません。
ご希望によっては貸出用トリッカー250を無料で御貸し致します。

当店お客様でないと参加出来ないなどと言う事も有りません。
誰でもOKです。

土曜日の朝8時にヤップランドに集合して、
お昼前終了を目安に¥500で参加出来ます。

とにかくオフロード好きの方々が、
「乗れる環境作りが大切!」と考えているイベントです。

もっと朝練を詳しく知りたいと言う方は、
ジャンプオフクロスのホームページを御覧ください。






017.JPG
オープニング画像は、
初開催の「へっぽこXC選手権」の参加者の方々です。

「へっぽこXC選手権」・・・?
なんじゃそりぁ〜〜。
しかもレースにしては参加者少な過ぎだし・・・。
と、画像を見て思う方もいらっしゃると思いますが、
「へっぽこXC選手権」は、チームJOKのチーム内で行なう
エンデューロレースです。

これから数年は毎月開催を目標に行なう予定です。
「暑いの寒いの、雨だの雪だの・・・」
関係無く3時間レースで行ないます。

これは、
去年の夏に「チームJOK」を発足して、
少しずつでは有りますが、
若いメンバーの方々も増えて来ておりますので、
チームのレベルアップを計ろうと言う事で、
立ち上げました。

「へっぽこ」などと言う名前が付いておりますが、
今は「へっぽこ」でも5〜6年後には、
「へっぽこ」育ちの速いライダーが育ってくれる事を
期待して付けられた名前です。

こんなふうに書くと、
ジャンプオフクロス・・・気合入り過ぎじゃねぇ!
と思われて敬遠されがちですが、
やってみたい人だけで結構です。

「こんな事まではぁ〜〜?」と思う方は、
是非、朝練の基本練習からどうぞ・・・。


自論では有りますが・・・、
長いオフロード経験の中から、
レースなどに頭角を現して来た方々の経緯を見てみると、
必ずバカみたいに(失礼!)バイクに乗り込んでいる時期が有ります。
もちろん沢山のエンデューロレースにも参加している経緯が有ります。
結局、集中して沢山バイクに乗ったり、
沢山レースに出る事によって、
レベルを上げている経緯が見えます。

もちろん、
朝練のように基本の練習やテクニックの練習も大事なのですが、
結局は長丁場をスピードを上げて、
走り続けられる体力やスピード、
様々な経験や駆引きが大事になって来ますので、
これは実戦で養うしか有りません。

ただ、ここで最大のハードルになるのが、
お金の出費です。
エンデューロレースに出れば、
それ相応の出費がかさみます。
そんなのが続けは経済的にも相当大変です。

と言う訳で、
「へっぽこXC選手権」は、
地元のコースをお借りして、
1日のコース練習料金+¥1000(事務手数料)を目標にしております。
ですから、
¥3000ぐらいでレース体験が出来ます。

人数は少ないですが、
かえってこれが手間いらずの、
お手軽運営になるので、
主催者側としては、
労力的な負担が少ないので継続出来ると言う事になります。
こう言ったことは、
継続しない事には結果が出ないと思いますので、
継続する事は、とても大事な目標です。



009.JPG
お手軽運営のポイントとして、
ライダー本人の周回数入力システムの開拓を行なっております。


004.JPG
ライダー本人が計測ポイントで、
テンキーのキーボードに自分の番号を打ち込むと言うものです。
翌々は計測ポイントを無人化して
全員参加者ライダーになるが目標ですが、
なかなか思った通りには行きませんね。


015.JPG
前日のシュミレーション走行では、
走りに気合が入り過ぎてて、
計測ポイントをスルーする者が現れたり(笑)、
指先が疲労でプルプルして別な所を押したり(笑)、
グローブの指先の余りで変な場所に触ったりで、
上手く作動致しません。
キーボードのもっと大きくて見やすい物が有れば良いのですが、
いろいろ調べてみてもテンキーには、
そう言った物は有りませんでした。


003 (2).JPG
苦肉の策は、
割り箸の先端にゴム質のような物を取り付けて(笑)、
点でキーボードを押すようなアナログな方法も試しましたが、
なかなか、どうして・・・。


020.JPG
レースを始めてみると、
パソコンの半自動計測システムでは、
いろんな問題が発生してしまい、
もうグヂャグチャ状態で集計結果も出ませんでした。(笑)


007 (2).JPG
結局、手書きで取っていたバックアップが、
一番確実でしたね(笑)
これは記念すべき「へっぽこXC選手権」
第1回目のリザルトでも有ります。

計測システム・・・・
改善見直し必須の今後の課題となりました。


022.JPG
ちなみに、
記念すべき第1回目の優勝者は
カツユキ君です。
おめでとう!


023.JPG
裏優勝者はイガラシ君です。
ウラって何・・・?ってお思いでしょうが、
最後の周までトップを走ってましたが、
残り3分ぐらいでレースをやめてしまったので、
リタイヤ扱いです。
で・・・ウラ優勝です。(笑)

次回の「へっぽこXC選手権」は、
10月16日です。
久しぶりにレースカムバックを考えてる方や、
本格的なレースはハードルが高くて・・・
と言う方もどうですかぁ〜。

条件的は、
将来的に「チームJOK」に入っても良いな・・・!
と言う方に限りますが。。。。