2019年12月09日

オッサンの頑張り(スタンディングスティル)

今週末の土曜日12月14日は、
雪や雨が降らなければヤップランドでいつもの朝練を行います。

「朝練」などと言うタイトルですと、
朝早くからとてつもなく気合の入った練習会に思えてしまいますが、
実際はネーミングだけが気合が入っていて、
ごくごく初歩的なオフロード走行会です。

初めての方・・・大歓迎
久しぶりにカムバックの方・・・大歓迎
トレールバイクの方・・・大歓迎
もちろん常連さん・・・大歓迎

アポなし参加もまったく問題有りませんので、
ヤップランドに着いたら気軽にお声を掛けてください。

朝練の詳細は、ジャンプオフクロスのホームページを御覧ください。




オッサンの頑張り
(スタンディングスティル編)


S0100067.JPG
タイトルと画像を見ると、
いかにもオッサンがスタンディングスティルで
頑張っているかのように見えますが、
画像は20代から30代の若者達です。

オッサン達の練習風景の画像が無かったので、
とりあえず若者達の画像でタイトルと帳尻を合わせてます。(笑)

先週末の朝練や日曜ヤップの練習会では、
スタンディングスティルの練習を少々取入れました。

バイクは・・・
四輪車と違って二輪なので、
人が乗らない状態で単独で立っている事は不可能な乗り物です。
それを上手にバランス良く走らせるのには、
人のバランス力が非常に大切です。

バイクは走り出す事によって、
前進運動能力が作用し、
大抵の方々はたやすくバイクを走らせる事が可能ですが、
止まっている状況で、
足を着かずにバランスを取れるのは、
ライダーの力量の何物でもありません。

と言う理屈からスタンディングスティルの練習です。

以前・・・
ヤップの広場の片隅で基礎練を半日していたオッサンを見た、
モトクロス親子の会話です。

子供・・・
「あのおじちゃんは、朝から何をしてるの?」

お父さん・・・
「あれはな・・・たぶん・・・?? あれも練習だぁ」

子供・・・
「ふぅ〜〜ん。へんなの」

と、いう事で、
オッサンの汚名挽回の為の練習です。

スタンディングスティルも
静止状態からキックを出してエンジンを掛け、
ギアを入れて発進するまでを出来たら
モトクロスキッズにも、
「おぉぉ!あのおじちゃん凄い!」と唸らせられるハズです。(笑)

まずは、
スタンディングスティルが出来ない事には話になりません。



初めてこんな練習をやった私と同世代オッサン
意外と出来るもんだと御満悦。。。




キックペダルを出すこと自体がなかなか難しいので、
最初はある程度下準備を行った状態から。



キックでエンジン掛けて、
ギア入れて発進するまでメッチャ速!(笑)
ヘルメットタッチスタートだったらホールショット取れるね。
でも安定していて上手。。。




最後は自分。
脚がプルプルしながらもギリギリセーフ(笑)
脚がプルプルしているので、
「生まれたばかりの子鹿のよう」なんて言われましたが、
そんなカワイイもんで有りませんから。
むしろ、年老いた鹿が餌に有り付けずフラフラしてるようですね。(笑)

と言うわけで、
当面はキッズライダーにこのテクニックを見せつけるのが目標かな・・・!

あぁぁぁ。それにしても動機が大人けない。(笑)














2019年09月29日

10月5日の朝練お休みです。

今週末の土曜日10月5日は、
那須方面へ1泊林道ツーリングため朝練はお休みです。




009.JPG

先週の朝練は参加者8名でした。
今回の練習内容はエンデューロの勝敗にもっとも直結すると
思われるコーナーリングの練習です。
わかってはいるんですが、
なかなか真面目に淡々と練習できないのが我々の欠点でして、
そう言う人達の集まりが、
自分を筆頭に「へっぽこ軍団」のゆえんです。(笑)


016.JPG

MX国際A級のカッチンも参加してくれたので、
よい機会ですのでコーナーリングを伝授してもらう事に・・・。
カツチン先生の走りをよ〜く目に焼き付けて、
あとは自分もフォームを真似してやってみる!

カッチン先生曰く・・・。
スピード出さなくてもゆっくりで良いので、
コーナーリングの基本フォームにこだわって、
カラダに馴染むまで続けて欲しいとの事です。

細かな事を申せば、
コーナーでは出来るだけバイクを寝かせて、
ブレーキに頼らないスムーズな走りが重要。
また連続したコーナーでは次のコーナーを意識した走りも
重要になってくるので目線もだいじとの事です。



ここからは参加者の方々のコーナーリング動画です。
全員の分を撮ったつもりでしたが、
何名か撮れて無かったのも有りますので、
あしからず・・・。










最後はカッチン先生のお手本