2019年10月07日

19 秋の1泊林道ツーリング(猪苗代 那須方面)

今週末の土曜日10月12日は、翌日からの13日14日がチーズナッツイベントに参加のため、お店は休みになりますので土曜日は仕事をするために朝練はお休みです



19 秋の1泊林道ツーリング
(猪苗代 那須方面)



016.JPG

今年も毎年恒例の1泊林道ツーリングを5日(土)〜6日(日)に掛けて行いました。
参加人数15名。
うち宿泊者は14名です。
ほとんどが、
どうしようもない”おっさん達”ばかりですが、
なかには前途有望な若者が1〜2名おりまして、
このどうしようもないような”おっさん達”のカラーに
2日間で染まらないようにして欲しいものです。(笑)

天気予報では雨マークが付いていて、
どちらの日も良くない予報でしたが、
お天気は1日目が”晴れ時々曇り”
2日目が”曇り時々晴れ”レベルで、
宿泊の夜間に雨が降ったようですが、
移動中は一切雨に祟られる事が無く、
誰も「日頃の行ないが良い・・・」なんて言う人はいないハズなのに、
奇跡のお天気でしたね。(笑)

ルートは、
福島県自慢の観光地 猪苗代&羽鳥湖高原&甲子高原を通り、
そしてお隣の県、栃木県自慢の那須高原にお泊まりです。

自分の意識の中では、
高原の木漏れ日の中を走れたり、
湖に太陽の光が反射してキラキラする湖沿いの道路を走れたり、
オフロードバイクでしか行けない絶景ポイントで有ったり、
33基の風力発電巨大プロペラが回転する圧巻の風景で有ったり、
心地良い疲れを感じたら、まったりと休める「道の駅」で有ったり、
宿も贅沢なひと時を味わえるペンションで有ったりと、
とにかく、おっさん達に無理の無い、
楽しく、感動的な2日間を過ごして頂きたく、
練れに練ったルートでは有りましたが・・・

おっさん達は、そんなデリカシーを感ずる事も無く、
「交差点で信号待ちをしていたミニスカートの女の子を、
ゴーグル越しにガン見した」とか、
「那須のコンビニでレジ待ちをしていたカツプルが、
イチャイチャしていて羨ましかった。」などなど・・・。

小スケベ全開なアダルトツーリングでして、
これもまた妙に人間臭くて、
日頃仕事や家庭でストレスを溜め込んでいるおっさん達には、
癒やしなんだろうな?
と変な解釈をしてしまう自分でした。(笑)



以下、今回のツーリングの様子です。

004.JPG
ツーリング初日の集合場所コンビニにて。
非日常的な2日間の始まりです。


008.JPG
オフロードバイクでしか行けない絶景ポイント。


012.JPG
布引高原 33基の巨大プロペラが回る圧巻の風景


015.JPG
甲子高原 大規模農場の牧草刈跡


019.JPG
今回の宿泊地「ペンションひみつ基地」での
至福のひと時 第1弾
風呂上りにテラスで生ビールをジョッキで一杯。


028.JPG
至福のひと時 第2弾
夕食時の「まずは乾杯!」


024.JPG
おいしそう!


027.JPG
「オレもご相伴だニャア〜」
でも、一切料理には手を出さない御利巧さん。
「ペンションひみつ基地」の看板ネコちゃん。
他4匹おりましたが、
みんな御利巧ネコちゃんでした。


034.JPG
夕食の後は部屋でグタグタ。
最近は高齢化も伴って夜10時頃には全員就寝。


035.JPG
朝方まで雨が降ってましたが、
出発の頃には雨も上がりましたので、
おっさん達は、とりあえずカメラの前で
元気なふりを・・・。


037.JPG
ツーリングも2日目となると、
野球で言うとシーズンも終わりの消化試合のようなもので、
哀愁すら漂って来ます。(笑)

その後、猪苗代の道の駅で午後3時半頃に解散をして、
2日間の林道ツーリングイベントは終了でした。

大きなトラブルも無く(小トラブルは定番のように有り)
参加して頂いた皆様2日間ありがとうございました。
来年も宜しくお願い致します。



自分は帰宅後一風呂浴びて、
瓶ビールを1本呑んだら、
知らぬ間に爆睡してました。



2019年09月29日

10月5日の朝練お休みです。

今週末の土曜日10月5日は、
那須方面へ1泊林道ツーリングため朝練はお休みです。




009.JPG

先週の朝練は参加者8名でした。
今回の練習内容はエンデューロの勝敗にもっとも直結すると
思われるコーナーリングの練習です。
わかってはいるんですが、
なかなか真面目に淡々と練習できないのが我々の欠点でして、
そう言う人達の集まりが、
自分を筆頭に「へっぽこ軍団」のゆえんです。(笑)


016.JPG

MX国際A級のカッチンも参加してくれたので、
よい機会ですのでコーナーリングを伝授してもらう事に・・・。
カツチン先生の走りをよ〜く目に焼き付けて、
あとは自分もフォームを真似してやってみる!

カッチン先生曰く・・・。
スピード出さなくてもゆっくりで良いので、
コーナーリングの基本フォームにこだわって、
カラダに馴染むまで続けて欲しいとの事です。

細かな事を申せば、
コーナーでは出来るだけバイクを寝かせて、
ブレーキに頼らないスムーズな走りが重要。
また連続したコーナーでは次のコーナーを意識した走りも
重要になってくるので目線もだいじとの事です。



ここからは参加者の方々のコーナーリング動画です。
全員の分を撮ったつもりでしたが、
何名か撮れて無かったのも有りますので、
あしからず・・・。










最後はカッチン先生のお手本